妊娠中に起こるこむら返り!実はアレが原因でした!

妊娠とこむら返り

妊娠したら足がつるようになった!と感じる妊婦さんは多いみたいです。
足がつることをこむら返りとも呼んでおり、妊娠前はまったく起きたことが無いのに、妊娠と同時に何度も発生する方もいるのです。

 

実は妊娠中だからこそ抱える原因というものがあります。
出産後は自然と改善する人が多いのも、妊娠中に起こりやすい原因がもとだともいえます。

 

例えば、血行不良、冷え、ミネラル不足、骨盤のゆるみなどです。
これらの原因が重なりあうことでこむら返りは起こりやすくなります。

 

@ 血行不良
妊婦さんはお腹が大きくなると運動しにくくなりますね。
お腹が張るからという理由から運動不足になる方もいます。

 

A 冷え
妊娠中に冷えは大敵です。
妊婦さんは腹巻、毛糸のパンツなどを履いてお腹や下半身周りを温めましょう。

 

B ミネラル不足
赤ちゃんにも栄養が必要となるため、母体のミネラルバランスが悪くなることがあります。
母体より赤ちゃんのほうに優先的に栄養が届けられ、妊婦さんのほうが影響が出やすくなります。

 

C 骨盤のゆるみ
骨盤のゆるみは出産するために必要なことですから仕方がないことです。
出産後は骨盤がもとに戻るため、産後はこむら返りが改善する方が多くなっています。

 

こむら返りの対処法をもっと知りたい!

いつ起こりやすいのか?

妊娠するとこむら返りが起こりやすくなります。
起こる時期は妊娠中期ころからが多いようです。
お腹が徐々に大きくなり始め、赤ちゃんに栄養がたくさん必要となり、母体の変化も急激になりやすいからだと考えられます。

 

時間帯としては夜寝ている時です。
これは通常のこむら返りと一緒で、寝ている時に冷え・疲労・ミネラル分の不足などが原因で起こりやすくなります。

 

@ 冷え
お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、母体への血流が少なくなり、下半身への血行が悪くなってこむら返りが起こりやすくなります。
お腹が大きくなれば下半身を圧迫して、血流を妨げるともいえます。

 

A 疲労
疲労もこむら返りの原因のひとつです。
妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて疲労も溜まりやすくなります。
中期ともなれば体重が5kgなど増加しているわけですから、当然足への負担が増し疲労が溜まりやすくなるのです。

 

B ミネラル不足
カルシウムやマグネシウムは筋肉や神経の働きと関係します。
妊婦さんは赤ちゃんと母体のために積極的にミネラルを摂取する必要があります。
バランスの良い食事を心がけ、海草や果物・野菜など色々と食べてみましょう。

 

妊婦さんはどうしてもこむら返りの原因が多数あるため、妊娠中は起こりやすいといえます。

足に負担をかけない

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、足腰に負担がかかります。
これにより疲労が蓄積しやすく、寝ている時にこむら返りが起こるといわれています。

 

体重が徐々に増えてきたら、無理の無い生活を送るようにしましょう。
普段より足腰に疲労を蓄積しやすく、運動後の疲労によりこむら返りが起こるのと同じ現象が起こることがあります。

 

長時間の運動は避ける、仕事の量を調節する、適度に休みを取ることで解消しやすくなります。

 

@ 長時間の運動は避ける
安産のためには適度な運動が必要だといわれています。
しかし疲労が溜まりすぎてこむら返りを起こすほどやるのはおすすめできません。
もし体重管理や安産のために運動をしたいなら、医師の診察を受けてお腹の状態を確認してもらうこと、そして無理をしないことです。

 

たくさん歩きすぎてしまった場合は、入浴で疲れを取り除くことをおすすめします。

 

A 仕事はほどほどに
専業主婦の方なら家事を休み休み調節できるとは思いますが、仕事だとついつい無理してしまう方もいます。
妊娠しても仕事を続けるなら、部署を変えるなど無理の無い仕事内容にしてもらいましょう。

 

B 疲れたら休む
妊婦さんは体重が増えてくるため疲れやすくなります。
家事はゆっくりとやり、買い物に行く際にも余裕を持ちましょう。

 

足がつる人、必見です!詳しくはこちら

参照リンク

こむら返りの治し方|寝てるときに足がつってしまう人のための対処法・・・突然起こってしまうこむら返りについて詳しく解説しています。どうして起こるのか、原因を知って自分の症状に合わせた対処法を行い改善していきましょう。

骨盤のゆるみ

こむら返りで妊婦さん特有の原因というと骨盤のゆるみです。
妊娠中期ころから徐々に骨盤が広がりやすく、ゆるみが生じます。

 

妊娠後期にかけてゆっくりと骨盤を広げるのは自然なことではありますが、これが骨盤のズレを招きこむら返りを引き起こしているとも考えられます。

 

大きくなったお腹は足の筋肉にも負担をかけ、余計な力によりふくらはぎの収縮も招いてしまいます。

 

@ 腹巻をする
骨盤はお腹が大きくなるにつれてゆっくりとゆるみが出てきます。
腹巻や腹帯をつけると骨盤の広がりを防ぐことができます。
同時にお腹周りの保温にもなるため、下半身の血行が悪くなりやすい妊婦さんの血流改善に役立ちます。

 

A 産後ゆるみは改善する
出産が近くなるとさらに骨盤はゆるみやすく、お産に備えています。
出産後は女性ホルモンの変化により自然と引き締まるように変わります。
何もしなくても自然と骨盤が締まりこむら返りも改善しますが、産後に体操などを加えたほうが戻りが早いといわれています。

 

B 骨盤ベルトは産後から
妊娠中にキツい骨盤ベルトはあまり好ましくありません。
骨盤を引き締めるベルトを使用するなら産後にしましょう。
産後用のガードルなども売られていますから、体の戻りを早くするために利用するのもおすすめです。

ビタミンB1不足

こむら返りの原因のひとつとして、ビタミンB1の不足も挙げられます。
妊娠中は赤ちゃんへの栄養も必要となり、母体の栄養が足りなくなることもあります。
ビタミンB1を積極的に摂取することで、こむら返り予防にしましょう。

 

@ ビタミンB1
ビタミンB1は糖の代謝に欠かせないビタミンです。
日本人は糖質を白米などで多く摂取しているため、足りているようでも意外と不足しています。
糖をエネルギーに変えたり、神経や筋肉の働きにも関与します。
特に疲れやすい、イライラしやすい方は不足していることがあります。
豚肉を食べると補うことができます。

 

A 調理法で失われる
ビタミンB1は水溶性のビタミンのため、水に溶ける性質があります。
茹でると水にビタミンが流れ出し、栄養価が下がります。
この栄養素の不足により起こる病気として知られるのが脚気です。
江戸時代に白米ばかり食べることで増えた病気でした。
野菜は汁ごと食べられるよう工夫したり、白米より玄米に変えるのも良い方法です。

 

B 甘いお菓子で減りやすい
ビタミンB1は糖を代謝するビタミンのため、甘い物は食べ過ぎないよう注意しましょう。
甘い物が食べたくなったらスナック菓子やケーキは避け、フルーツなど糖の量を少なくできるおやつがおすすめです。

発汗量に注意

妊娠中は代謝が上がるため汗をかきやすくなります。
ミネラルバランスを崩すとこむら返りが起こりやすくなるため、妊娠中は汗の量にも注意が必要です。

 

いつもより喉が渇くと感じる場合は、既に脱水状態となっていることも少なくありません。
汗をかいたら水を飲むだけでなく、ミネラル摂取も心掛けてみてください。

 

@ スポーツドリンク
汗をいつも以上にかいたと思ったら、スポーツドリンクがおすすめです。
ミネラルや糖質が含まれており、素早く体に取り込むことができます。
糖質が気になるようなら、経口補水液でも構いません。
ただし、スポーツするほど大量に汗をかいているわけでは無い場合、スポーツドリンクの飲みすぎには注意してください。

 

A 手作りのスポーツドリンク
ミネラルと水分の補給は手作りのスポーツドリンクでも可能です。
水、砂糖、塩、レモン汁を入れるだけです。
水1リットルに対し、砂糖は大さじ4、塩は小さじ2分の1です。
レモン汁は好みで加えてよく、大さじ2くらいが目安です。

 

B 寝る前の補給も忘れずに
水分とミネラルの補給は、寝る前にも忘れないようにしましょう。
寝ている時は意外と多くの汗をかいています。
目安はコップ1杯〜です。
寝ている際には500mlくらいは失われているといわれています。